LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ブリヂストン/700億円投じ、トラックタイヤ等米国生産能力増強

2022年08月26日/生産

ブリヂストンは8月26日、米州グループ会社のブリヂストン アメリカス インクは、トラック・バス用タイヤを生産するウォーレン工場の生産能力増強を決定したと発表した。

<現在のウォーレン工場>
20220826brighstone 520x388 - ブリヂストン/700億円投じ、トラックタイヤ等米国生産能力増強

総投資金額は約700億円。2022年末までに増強を開始し、2026年末までに、ウォーレン工場の生産能力は現在の年間350万本弱から450万本弱となる予定だ。

ブリヂストンは、グローバルでプレミアム商品を「創って売る」体制の強化に向けた投資を実行しており、今回の生産能力の増強もその一環。同社グループの米国での供給体制については、従来から地産地消をベースに、タイムリーに「断トツ商品」を顧客に供給できる体制を構築してきた。

トラック・バス用タイヤでの米州の地産地消率は昨年実績において、約85%レベルだったが、現在の供給体制では、今後のプレミアムタイヤ事業強化による拡売により、地産地消率が約70%レベルに低下する懸念があった。そこで、米国内でのトラック・バス用タイヤの継続的なシェアアップ・拡売を支えるため、今回の大幅な米国現地生産能力増強を決定したもの。

ウォーレン工場の生産能力増強について、石橋秀一Global CEOは、「今後、グローバルでプレミアムタイヤ事業を強化していくにあたり、最重要市場である米国でのトラック・バス用プレミアムタイヤの現地生産能力アップ及び、シェアアップ・拡売は不可欠なものと考え、今回の増強を判断した」と述べている。

また、「循環ビジネス時代の新たなプレミアムと位置付けるトラック・バス用タイヤのENLITENビジネス戦略においても、重要な戦略的成長投資として実行していく」とコメントしている。

なお、ENLITENとは、タイヤの環境性能と運動性能を両立する基盤技術のこと。

■ウォーレン工場概要
所在地:アメリカ合衆国テネシー州ウォーレン郡
設立年:1990年
建屋面積:約18万3000m2
従業員数:約1100人(2022年8月時点)
生産能力:年間350万本弱
生産品目:トラック・バス用ラジアルタイヤ

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース