LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ライオン/投資額180億円、小田原市に一般用医薬品の新工場建設

2022年11月30日/生産

PR記事

ライオンは11月30日、神奈川県小田原市にある同社の小田原工場の敷地内に新たに一般用医薬品の工場を建設すると発表した。

<新一般用医薬品工場完成イメージ>
20221130raion 520x328 - ライオン/投資額180億円、小田原市に一般用医薬品の新工場建設

一般用医薬品市場は、人々の健康意識の高まりを背景に、市場は堅調に推移すると想定。特に、同社が『バファリン』シリーズを展開している解熱鎮痛薬市場は、新型コロナウイルス感染症により市場が拡大しており、今後もセルフメディケーションの広がりによって、さらなる成長が見込まれている。

これら一般用医薬品分野において、将来にわたってより安定的な生産供給体制を確立するために、稼働から一定の年数が経過している現医薬品工場に代わる新工場を建設し、生産を移管することとしたもの。

今回建設する新工場は、生産工程における省力化を実現するとともに、投資判断においては ICP(インターナルカーボンプライシング)を活用しており、CO2排出量を低減するなど環境にも配慮した設計となっている。

なお、同社グループは、パーパス「より良い習慣づくりで、人々の毎日に貢献する(ReDesign)」を起点に、経営ビジョン「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」の実現に向けた取組みを進めている。本年からスタートした中期経営計画「Vision2030 1st STAGE」では、成長戦略の1つとして「成長に向けた事業基盤への変革」を掲げ、生産インフラ等の強化に取り組んでいる。

■概要
名称:新一般用医薬品工場 小田原工場
所在地: 神奈川県小田原市田島100
設立年度:1964年10月
敷地面積:6.8万m2
生産品目:ハミガキ、デンタルリンス、医薬品など

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース