LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

エアロセンス/鳥取市で実施された物資輸送実証に機体提供し運航

2022年12月08日/IT・機器

PR記事

エアロセンスは12月8日、今月上旬鳥取県鳥取市で実施した、ドローンによる医薬品と食料品の物資輸送実証実験において、自社開発のVTOL型ドローン「エアロボウイング」(AS-VT01)の機体提供と運航を行ったと発表した。

<実証実験に提供したエアロボウイング AS-VT01>
20221208eraosens2 520x364 - エアロセンス/鳥取市で実施された物資輸送実証に機体提供し運航

「エアロボウイング」は、国内のドローン業界初となる垂直離着陸型固定翼ドローンとして2020年10月に発売。既に広域・長距離での監視業務などにさまざまな企業や自治体などで活用されている。航続距離は最長50km、最高速度100km/h、最大積載可能重量は1kgで、長距離および短時間の物資輸送にも適している。

<実証実験の様子>
20221208eraosens1 520x364 - エアロセンス/鳥取市で実施された物資輸送実証に機体提供し運航

同プロジェクトは「鳥取県デジタルグリーン物流推進補助金」を活用した、鳥取県初の試みであるドローン物流実証実験で、2022年10月中旬に1回目が行われ、2回目の実施となった。同実証実験はドローン輸送における航路設定のため地域連携を図ることも目的としており、NEXT MOTIONや徳吉薬局、トルビズオンと鳥取県及び鳥取市が参加した。

前回の実証実験ではマルチコプター型のドローン(エアロボ AS-MC03-TBox)を利用し、約5kmの距離を約10分で医薬品の輸送に成功。今回は長距離・短時間で輸送を行う目的で、エアロセンスのVTOL型ドローン「エアロボウイング」が選ばれた。

エアロセンスは、これまで環境省や国土交通省等が実施する物流実証実験に協力した実績を持つ。2022年12月5日、改正航空法が施行され有人地帯で目視外飛行が可能となるレベル4の解禁に伴い、今後も同様の実験に積極的に協力し、ドローン物流の普及と実装に貢献していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース