LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/年末年始期間に264本の貨物列車運転

2022年12月13日/SCM・経営

PR記事

JR貨物は12月13日、年末年始期間(2022年12月28日~2023年1月5日)の貨物列車の運転計画を発表した。

年末年始期間は、依然として新型コロナウイルス等に伴う経済的な影響が続く中、生活必需品等の物流を支え、顧客や社会のニーズに対応するため、12月27日まで通常どおりの運転を行う。

12月28日以降は需要に合わせて30日まで一部の列車を運転。年始は1月4日午後以降の一部列車から順次運転を行い、期間中に合計264本(前年比16.0%増)のコンテナ列車の運転を確保する。

■期間中運転する主な列車・区間

地帯間 運転
本数
主な列車
関東→北海道 計11本 3051(隅田川→札幌(タ))
3053(隅田川→札幌(タ))
3059(隅田川→札幌(タ))
関東→九州 計18本 1051(東京(タ)→福岡(タ))
1055(東京(タ)→福岡(タ))
1071(東京(タ)→鹿児島(タ))
その他下り 計103本

 

地帯間 運転
本数
主な列車
北海道→関東 計11本 3050(札幌(タ)→隅田川)
3054(札幌(タ)→隅田川)
3056(札幌(タ)→隅田川)
九州→関東 計16本 1050(福岡(タ)→東京(タ))
1070(熊本→東京(タ))
5074(北九州(タ)→東京(タ))
その他上り 計105本

 

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース