LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

マクニカ/韓国企業と連携、インフラ制御型車両搬送システム提供

2022年12月19日/IT・機器

マクニカは12月19日、Seoul Robotics社と連携し、自動車の製造・出荷工程において、完成車両のロジスティクスを自動化する「インフラ制御型車両搬送システム: Level 5 Control Tower(LV5 CTRL TWR)」の日本市場への提供を開始したと発表した。

Seoul Robotics社は韓国に本社を置き、モビリティ業界に3Dセンサーをベースとした最先端のコンピューター ビジョンを提供するソリューション・プロバイダー。

<インフラ制御型車両搬送システム 紹介ムービー>

自動車の製造・出荷工程では、組み立てから検査を終えた完成車両は出荷されるまでの間、工場近くのモータープールで一時的に保管される。その際に工場からモータープールまでの完成車両の輸送は専任ドライバーが行っており、輸送にかかる費用は自動車製造メーカーにとって負担となっている。特に日本では、高齢化・人口減少等の影響で、人件費の高騰やドライバーの確保が課題となっている。

そこで、マクニカはSeoul Robotics社と連携し、「インフラ制御型車両搬送システム:Level 5 Control Tower(LV5 CTRL TWR)」を提供。同システムは工場・モータープール内の設備インフラに複数台のLiDARセンサーを設置することで、搬送車両周辺の状況を死角なく幅広く捉え、冗長性をもって人・物等の障害物を高精度で検出し、安全に運用することができる。さらに、人が介在せず複雑なロジスティクスをシステム管理するため、昼夜を問わず数千台の車両を同時に搬送することでオペレーションの合理化を図り、モータープールの空間使用率を20%~30%向上することが期待できる。

なお、同システムはすでにドイツBMW社の生産工場で採用をされている。

■インフラ制御型車両搬送システム
https://www.macnica.co.jp/business/maas/services/142291/

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース