LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

丸和運輸機関/需要予測AIで車両配備・要員配置を最適化

2022年04月20日/IT・機器

PR記事

丸和運輸機関は4月20日、マクニカと共同で、同社が提供する課題解決型サービス「CrowdANALYTIX(クラウドアナリティクス)」を利用し、店舗発注量の需要予測AIの研究開発を開始したと発表した。

<プロジェクト概要>
20220420maruwa 520x290 - 丸和運輸機関/需要予測AIで車両配備・要員配置を最適化

同プロジェクトでは、得意先店舗ごとの出荷実績データ、店舗イベント情報、来客数データ、天気・気温データ等を元に、対象店舗ごとに最適化された複数の需要予測AIモデルを開発。その後、店舗規模・配送シフト・商品特性等を考慮した形で、翌週の店舗ごとの発注物量予測結果を算出する。

フェーズ1では、特定店舗を対象にした発注量予測AIの精度を検証し、その後「トラック配車業務の最適化」「要員配置の最適化」「配送計画の改善の検討」を実施する。

丸和運輸機関では、3PL事業での労働力不足や車両不足のほか、ロジスティクスセンター業務における車両配備・要員配置業務が担当者の経験や勘による属人的作業となっており、センターごとに業務品質のばらつきがみられるといった課題を抱えている。

需要予測AIを開発し、業務に適用することで、サプライチェーンの中核を成す物流ロジスティクスセンター業務での、車両配備・要員配置の最適化を目指す。

なお、同社は食品物流でスーパーマーケットに向けた付加価値向上と商流利益創出のためのさまざまな施策を実施。現在、埼玉県松伏町に低温食品物流事業の中心拠点となる最新鋭の食品物流センターを建設中で、同センターではDXをフルに活用し、AIやドローン配送、自動輸送・運転など最先端物流技術の採用を予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース