LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

オープンロジ/提携倉庫と共同で3温度帯の物流サービスを拡大

2023年01月05日/3PL・物流企業

PR記事

オープンロジは1月5日、保管・配送温度が異なる商品を大量入出庫する食品EC事業者の増加とニーズの多様化に対応するため、関東圏に冷凍冷蔵設備を整えた、流通加工作業を得意とする提携倉庫会社と共同で2023年1月から新たに3温度帯(冷凍・冷蔵・低温)の物流サービスの提供を開始すると発表した。

オープンロジは、2022年11月から賞味期限管理機能・温度帯(常温、定温、冷蔵、冷凍)管理機能を利用するユーザーが標準メニューを自社仕様にカスタマイズし、 希望する倉庫業務依頼(流通加工依頼)を画面上で一元管理・指示できるようにした。

「アイスクリームなどクール便でも溶けるリスクのある商材は保冷バッグに入れて梱包」「冷蔵冷凍商品で特定の商品が含まれる場合はドライアイスを個口に入れて梱包」といったユーザーが希望する倉庫業務依頼(流通加工依頼)の増加に対応できる体制を整え、食品EC事業者の成長を物流面からサポートする。

なお、背景には新型コロナウイルス感染症の影響によってECでの物販販売が増え、特に「食品、飲料、酒類」の伸びが大きくなっていることがある。これまでもオープンロジでは食品ECの更なる拡大に対応するために「冷凍・冷蔵EC物流の強化拠点」となる物流会社との提携を拡大してきた。

2021年10月にはセイノーグループの関東運輸と業務基本契約を締結し、冷凍・冷蔵EC物流の拡大とともに3温度帯(冷凍・冷蔵・常温)の物流サービスの提供を開始した。

2021年11月からシステム上で賞味期限管理と温度帯管理(冷凍・冷蔵・常温)を一元管理できる機能を開発・提供開始したことで、3温度帯の利用を希望するユーザーが増加した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース