LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

C&W/埼玉県加須市で2.7万m2の大規模物流施設の開発用地取得

2023年01月16日/物流施設

PR記事

C&Wは1月16日、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントが、加須ファシリティ特定目的会社を通じて、埼玉県加須市で約2.7万m2の開発用地を取得したと発表した。竣工は2024年5月の予定。

<外観イメージパース>
20230116cw1 520x316 - C&W/埼玉県加須市で2.7万m2の大規模物流施設の開発用地取得

開発地は、東北自動車道「羽生」ICから約5.1km、同「加須」ICから約5.8kmに位置しており、東北道及び首都圏全域へのアクセスに優れ、広域配送拠点として交通利便性に優れている。市街化調整区域内に立地しているものの、都市計画法第34条第12号の区域指定により、適法に賃貸用物流施設を開発することが可能であり、倉庫業法に基づく営業倉庫登録も可能。また、加須・大利根工業団地に近接しており、24時間操業が可能な立地となっている。

施設名称は「LF加須」(仮称)。「LF」シリーズはロジスティクス・ファシリティーを表現したC&Wが運用する物流施設ブランド。約2.7万m2の敷地に地上2階建ての物流施設として建設される。柱スパンは間口11m×奥行10.5m、倉庫の梁下有効高さ5.5m、床荷重1.5t/m2を確保し、荷物用エレベーター及び垂直搬送機を各4基実装する。

テナント区画は、一棟貸し、または2分割に対応可能で、駐車場は105台、大型車待機スペースは14台設置する計画。さらに、倉庫全館に空調を導入することに対応可能な電気容量を予め確保するなど、様々な物流ニーズに対応可能な施設となっている。サステナビリティへの取り組みとしては、CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Aランク認証の取得、受変電設備の設置高さの嵩上げを計画している。

<施設概要>
施設名:LF加須(仮称)
所在地:埼玉県加須市上樋遣川
敷地面積:約2.7万m2
用途地域:市街化調整区域(都市計画法第34条第12号区域)
延床面積:約2.7万m2(予定)
構造:地上2階建て、鉄骨造(予定)
着工:2023年5月(予定)
竣工:2024年5月(予定)
認証取得:CASBEE Aランク(新築)認証
設計・施工:サンエス建設
コンストラクション・マネジメント:アクア

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース