LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SkyDrive/米国市場への参入で、サウスカロライナ州に本拠点

2023年01月25日/IT・機器

PR記事

「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」を開発するSkyDriveは1月25日、アリゾナ州のメサで開催された2023年度のeVTOLシンポジウムにおいて、米国市場への参入計画と、サウスカロライナ州に本拠点を置いたことを発表した。

<「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」が飛び交う空港のイメージ画像>
20230125skydrive 520x391 - SkyDrive/米国市場への参入で、サウスカロライナ州に本拠点

サウスカロライナ州では、2026年に同社の空飛ぶクルマ「SD-05」の運航開始を目指してさらなる協業・提携のネットワークを構築していくとともに、同州の政府機関や自治体と協力し、コロンビア・メトロポリタン空港とグリーンビル・ダウンタウン空港、2つの空港を起点としたユースケースの構築に重点を置いて活動する計画だ。

これまでの経緯は、同社は、サウスカロライナ州のビューフォート郡経済開発公社(Beaufort County Economic Development Corporation)より招待されたことをきっかけに、2022年7月から同州での市場機会を探るとともに、主要関係者とのネットワークを構築してきた。

同社は、空飛ぶクルマの観光産業への活用、空港から都心へのよりシームレスな移動の活用などのユースケースで価値を提供したいと考えている。サウスカロライナ州は、観光資源が豊富であるとともに、空港から都心の距離が「SD-05」の航続距離に適合している。このような背景から、同社がユースケースの開発を行う、米国での最初の事業拠点として理想的な場所であると判断したもの。

また、同州はボーイング社やロッキード・マーチン社をはじめとする、全米屈指の航空宇宙企業の本拠地でもあり、SkyDriveの主要サプライヤーの一つである東レカーボンマジックのグループ会社など、強力なサプライチェーンが存在する、先進的な航空宇宙産業の都市としても知られている。

サウスカロライナ州の州政府や自治体、地元企業との協議を重ねた結果、日本製のSkyDriveの「SD-05」を活用し、複数の主要空港を離着陸場とする実用的なユースケースを検討していくとともに、同州が「空飛ぶクルマ」の商業運航都市として先進的な移動手段を実現することを目指し協力していくことを決定したもの。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース