LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





エーアイテイー/3~11月の売上高29.1%減、営業利益22.0%減

2024年01月11日/決算

PR記事

エーアイテイーが1月11日に発表した2024年2月期第3四半期決算によると、売上高394億9900万円(前年同期比29.1%減)、営業利益35億6600万円(22.0%減)、経常利益37億3800万円(21.9%減)、親会社に帰属する当期利益24億7600万円(24.2%減)となった。

アパレル関連製品の取扱いは、外出機会が増したことで9月下旬ごろまで復調の動きが見られたが、10月、11月では冬物商材を中心に荷動きが鈍化することとなった。また、コロナ禍での巣ごもり需要により、輸入量が増加した雑貨関連や家具等の消費財は、需要の一巡や輸入者の在庫調整、物価高による消費者の買い控え等により輸入量が減少しており、国際貨物の取扱量は低調な推移となった。

さらには、海上輸送の運賃下落の影響も重なり、売上高は減少する結果となった。しかしながら、運賃水準の下落等で営業原価が抑制されたことで売上総利益率は改善し、コストの見直しや削減、抑制も継続して行ないながら、可能な限りの利益創出に努めてきた。

また、それに加えて、前連結会計年度で実施した中国での一部の事業所閉鎖により、事業所の運営コストが低減できた。

通期は、売上高506億円(27.2%減)、営業利益40億5000万円(23.4%減)、経常利益42億5000万円(24.2%減)、親会社に帰属する当期利益28億2000万円(23.5%減)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース