LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





INSOL-HIGH/物流ヒューマノイドロボットの現場実証を開始

2024年06月25日/IT・機器

物流ロボットの開発等を手がけるINSOL-HIGH(インソルハイ)は6月25日、中国に本社を置くKepler Exploration Robotics(ケプラー・エクスプロレーション・ロボティクス社)と、日本市場向けの量産型ヒューマノイドロボット(人型二足歩行ロボット)の開発・展開を目指し、戦略的パートナーシップを締結したことを明らかにした。

このパートナーシップでは、Keplerが開発した量産型ヒューマノイドロボット「Forerunner(フォアランナー)」を、INSOL-HIGHと協力して日本市場専用にローカライズし、安心・安全な社会実装を目指す。

<ヒューマノイドロボット>
insol haight1 - INSOL-HIGH/物流ヒューマノイドロボットの現場実証を開始

Keplerは、ヒューマノイドロボットの研究開発、生産、応用生態学に焦点を当てたハイテク企業。倉庫ロジスティクスやスマート検査、商業サービス等に自動インテリジェントソリューションを提供している。

INSOL-HIGHは2023年に創業。物流ロボットコンサルティングを中心に事業展開し、効率的な物流設備の運用支援やベンダーフリーの自動化設備・ロボット提案などを行っている。日本初の物流に特化したヒューマノイドロボット事業もその1つ。今回の実証期間は1か月程度、千葉県内の施設で実施する予定だ。

実験ではヒューマノイドロボットの本格的な運用に向け、物流現場を想定したテスト環境で実証実験を行う。同時に、専門機関との連携によるリスクアセスメントや安全基準の策定も行い、安全な現場運用へ実証を進める。

具体的には、マテハン機器と連動した商品のピースピッキングやケース搬送のノウハウを共有し、早期の運用開始を目指す。また日本国内の大手企業との連携も進めており、この取り組みを通じてヒューマノイドロボットの本格的な販売体制を整えていく考えだ。

本格的な販売は2025年以降、リースモデルも積極的に検討していく予定。アフタ―メンテナンスができる販売店を中心に販売網を構築していく計画だ。価格については現段階では明らかにしていないが、「さまざまな業界や現場で導入できるようリーズナブルな価格設定とする」としている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース