LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ニチレイロジほか/受注予測発注システム活用で物流環境大賞「特別賞」

2024年07月03日/3PL・物流企業

ニチレイロジグループは6月28日、シノプス、ウオロク、ロジスティクス・ネットワーク(ロジネット)と共に、日本物流団体連合会が主催する第25回物流環境大賞で「特別賞」を受賞した。

<表彰式の様子>
0703nitireilogi - ニチレイロジほか/受注予測発注システム活用で物流環境大賞「特別賞」

小売業のウオロクと、ウオロクの物流センターを運営するロジネット、ウオロクに需要予測型自動発注サービス「sinops」を提供するシノプスの3社協働による物流改善への取組が評価された。

取組では、受注予測発注システムを活用し、リードタイムを延長による影響を分析・最小化した。それにより、積載効率・作業生産性を向上、配送車両・待機時間を削減し、CO2排出量の削減を実現した。

また、ニチレイロジグループ地域各社とロジネットによる取組も「特別賞」を受賞した。

次世代輸配送システム「SULS」(サルス)を活用しCO2削減した取組が評価された。全国のニチレイロジグループの自営拠点と、24枚のパレット積載が可能かつ荷台が切り離し可能な自社冷凍トレーラーを活用した、次世代輸配送システム「SULS」を2022年度から開始。

トレーラーへの積み置き作業実施による乗務員積込時間や車両待機時間の削減、16枚積みから24枚積みへの変更により効率化し、CO2削減率36.8%を実現した。

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース