トラスコ中山/物流システムを改修

2012年05月10日 

トラスコ中山は5月10日に発表した2012年3月期決算で、課題として物流システム機能の高度化を掲げた。

在庫アイテムを積極的に拡充していく中で、過剰在庫の抑制と欠品の防止を目的に、独自の在庫管理システムを導入いる。

このシステムの精度を高めていくことで、在庫の適正化と機会損失の防止を図る。

さらに、自社便による配送サービスと、通販ビジネスの拡大に伴い増大している路線便を利用した出荷業務に対してもスムーズに対処していくため、物流システムの改修を実施するなど、物流機能を強化する。

最新ニュース

物流用語集