山九/事務所・拠点を集約、兵庫支店移転

2012年06月13日 

山九は6月12日、兵庫支店を兵庫県加古川市に新築・移転し、10月より新事務所での業務開始すると発表した。

<兵庫支店完成予想図>

今関西エリア西部地区への事業拡大、各事務所要員と資機材の集約などを通した業務効率の向上を目指す。

移転先の敷地面積は2717㎡で、地上2階建て事務所棟と、平屋の倉庫棟を構える。

倉庫棟は機材倉庫・クレーン・溶接機材などを有する整備場とし、遠隔地に点在している整備拠点や資機材の一部を集約。これによりコスト削減を図りつつ、機動性・効率性の向上を狙う。

倉庫棟は研修場としても活用し、仕上・溶接技能の向上、技能伝承を図る。

■山九兵庫支店新施設概要
敷地面積:2717.86㎡
事務所棟
構造:地上2階建て 鉄筋コンクリート造
建築面積:345.26㎡
倉庫棟
構造:地上1階建て 鉄骨スレート造
建築面積:371.52㎡
設備:機材倉庫、整備場

最新ニュース

物流用語集