DHL Express/シンシナティへダイレクトフライトを導入

2013年04月09日 

DHL Expressは4月9日、4月末よりワイドボディを投入し南北アメリカ大陸・アジア間のサービス向上を図ると発表した。

ワイドボディ(広胴型)の航空機をDHL のグローバルエアネットワークへ追加投入し、イントラアジアの接続を調整することで、顧客に対し、サービスの利便性向上を図る。

ネットワーク強化のポイントは、日本と南北アメリカ大陸のハブである米国、シンシナティへのダイレクトフライトの導入。

日本の製造業の中心である中部からシンシナティへの接続は、中部・西日本からの所要日数を従来より1日短縮し、DHL が直接集配を行っている日本全域から米国中西部・東部への翌日配達を実現する。

DHLは国際エクスプレス業界で唯一、中部国際空港を拠点としたエアネットワークを構築していることから、中部地区で最も遅い集荷受付締切時間で翌日配達を実現する。

戻りのシンシナティ・東京間のコネクションにより、米国、カナダおよびラテンアメリカから日本への輸入貨物の同日配達地域を、東京郊外と東京近郊都市へ拡大する。

両ルートはともに、搭載能力100トン以上のボーイング747-400 機が運航する。

オーストラリアへの接続を週2日から週4日とする頻度を向上させ、大陸間ネットワークと日本を経由した貨物の積み替えにより、米国・オーストラリア間の接続を強化し、同時に北アジアの主要市場からオーストラリアへの輸送能力を戦略的なスケジューリングで追加する。

オーストラリア(シドニー)から日本(成田)への所要日数が短縮。新たなルートは、55 トン以上の搭載能力を持つボーイング767-300ERF が運航する。

日本の中部、台湾の台北、韓国の仁川間を新たにワイドボディ(広胴型)の貨物機で直接接続することにより、同地域内のエクスプレス輸送能力を増強する。

この路線を中部・シンシナティ間ネットワークへつなぐことで、日本、台湾、韓国、3 つのアジア市場から米国に向け出荷する顧客に対し、さらなる輸送能力を提供する。

最新ニュース

物流用語集