SBSHD/1~6月の売上高6.4%増、営業利益2.1倍

2014年08月08日 

SBSホールディングスが8月8日に発表した2014年12月期第2四半期の業績は、売上高657億7700万円(前年同期比6.4%増)、営業利益14億8000万円(110.3%増)、経常利益13億7300万円(157.0%増)、当期利益17億6100万円(前期は1億4900万円の当期利益)となった。

物流事業は、売上高が612億3700万円(5.9%増)、営業利益6億500万円(前期は営業損失7700万円)となった。

食品関係の3PL業務や新規センター業務が立ち上がったほか、3月までは消費財、飲料、日雑系を中心に消費税増税前の駆け込み需要による物量の大幅増加があり、特にSBSロジコムやSBSゼンツウ、SBS即配は、センター業務や輸配送業務などが多忙を極めた。

通期は、売上高1370億円(3.6%増)、営業利益48億円(15.9%増)、経常利益44億円(15.8%増)、当期利益35億円(122.8%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集