山九/ヤフオクドームのホームランテラス、ネーミング権契約

2015年02月19日 

山九は2月19日、福岡ソフトバンクホークスと福岡ヤフオク! ドームでの「ホームランテラス」のネーミングライツについて契約を締結したと発表した。

<SANKYU ホームランテラス イメージ>
20150219sankyu1 - 山九/ヤフオクドームのホームランテラス、ネーミング権契約

<椅子の背にあしらわれた山九のロゴ>
20150219sankyu2 - 山九/ヤフオクドームのホームランテラス、ネーミング権契約

<レフトフェンス イメージ>
20150219sankyu3 500x237 - 山九/ヤフオクドームのホームランテラス、ネーミング権契約

<レフトフェンスのロゴ>
20150219sankyu4 - 山九/ヤフオクドームのホームランテラス、ネーミング権契約

ネーミングライツを締結したホームランテラスは2015年シーズンから新たにスタートするもので、既存の外野フェンスの前方に高さ4.2mのフェンスを新造した外野フィールドシートエリア。

このうちレフトフェンス側のネーミングライツを契約、またテラス開設に伴い増設されたシートは「SANKYU ホームランテラス」と命名される。契約期間は2015年度シーズン期間中。

山九は九州エリアに16の事業部・支店・関係会社を構え、九州発祥の会社として福岡ヤフオク! ドームのネーミングライツ契約を締結することで、地元九州のスポーツ振興と活性化に貢献する考え。

また、スタジアムの看板を通して企業ロゴを露出することで、企業ブランド価値向上につなげていく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集