川崎近海汽船/清水~大分の航路開設を検討

2015年07月21日 

川崎近海汽船は7月21日、2016年秋に静岡県清水港と大分県大分港を、RORO船で結ぶ新たな航路を開設するために検討を開始したと発表した。

深刻なドライバー不足により、関東・甲信~九州間の陸上長距離輸送が困難となっている実情を踏まえ、海上輸送へのモーダルシフトを推進する。

圏央道、新東名の整備の進展に加え、2017年度には中部横断自動車道の開通が予定されており、関東・甲信圏での西日本向けの玄関港として清水港への期待が高まっている。

東九州自動車道開通により、九州域内における大分港の利便性が向上したこと。清水~大分間を20時間で結ぶことで、関東・甲信~九州間をトレーラーでの海陸一貫輸送により、集荷から3日目の早朝までの配送が可能になること等を挙げている。

■概要
航路名:清水~大分(762㎞)
航路開始時期:2016年秋
運行計画:清水~大分間を20時間で結ぶ週3便の運航を予定(時間帯は検討中)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集