ヤマト運輸/オープン型宅配ロッカー事業開始、他の宅配業者利用も

関連キーワード:

<左からヤマトHD山内雅喜社長、ヤマト運輸の長尾裕社長、Packcity Japanの阿部珠樹副社長COO、Packcity Japanのジャン・ロラン・リュケ社長兼CEO、ネオポストシッピングのアラン・フェラ社長兼CEO、ネオポストのドゥニ・ティエリ社長>
20160511packcity1 500x311 - ヤマト運輸/オープン型宅配ロッカー事業開始、他の宅配業者利用も

ヤマトHDの山内雅喜社長は「人口減少、少子高齢化、核家族化などによりライフスタイルが大きく変化している。購買活動もEコマースの進展によりネットでモノを購入し届けるというスタイルが拡大している。物流業界では、トラックドライバーの不足、再配達の社会的損失などの社会的課題がある中、顧客のニーズにも応えていく必要がある。しかし、宅配会社それぞれの個社で解決することは難しい。今回設立した「Packcity Japan」はその課題を担える会社だと思っている。キーワードはオープン型。ヤマト運輸だけでなく、他の宅配事業者も利用できるオープン型宅配ロッカーネットワークを構築し、プラットフォームを作り上げていきたい」と話した。

ネオポストのドゥニ・ティエリ社長兼CEOは「ネオポストの売り上げは北米が43%あり、アジアでは7%の売り上げで、グローバルに活動している。今回の提携はエンドユーザーへのサービスとしてヤマト運輸と提携した。このサービス自体はフランスをはじめ、オーストリア、USAなどで実践済みで、成功を収めている。だから、今回の提携は確認作業の一つとも言える」と述べた。

■Packcity Japanの概要
所在地:東京都千代田区神田小川町3-7-1 ミツワ小川町ビル6階
代表者:代表取締役社長(CEO)Jean-Laurent Luquet、代表取締役副社長(COO)阿部 珠樹
事業内容:日本における、オープン型宅配ロッカーネットワークの構築、宅配ロッカーネットワークの維持・管理・運用など
合弁会社設立:2016年5月11日
事業開始:2016年7月1日(予定)
従業員:12人
資本金:7億5000万円
決算期:1月
株主構成:Neopost shipping51%、ヤマト運輸49%

<前へ 1 2 3

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集