JR貨物/統一デザインで看板・表札を設置

2017年11月16日 

JR貨物は11月15日、認知度向上・ブランドイメージ強化を目的として、ロゴマークの使用方針を見直すなど、一貫したビジュアル構築に向けて取組んでいるが、会社発足30周年事業の一環として統一デザインを定め、今年度より更新工事を進めていると発表した。

<看板(大井機関区)>
看板(大井機関区)

<表札(大牟田オフレールステーション)>
表札(大牟田オフレールステーション)

これまで看板や表札について、すでに設置しているものは統一感がなかったため。

その最初の事例となる看板・表札を、大井機関区に看板、大牟田オフレールステーションに表札を設置した。

今後も認知度向上・ブランドイメージ強化に向けて、順次全国の事業所へ統一デザインによる看板・表札の設置を進めていく。

最新ニュース

物流用語集