キリングループ/ホワイト物流に賛同、出荷平準化で物流負担減へ

2019年10月02日 

キリンホールディングスは9月25日、国土交通省などが推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動宣言をキリンビール、キリンビバレッジ、メルシャン、キリングループロジスティクス、協和発酵バイオの5社から提出した。

キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャン、キリングループロジスティクスの4社では、輸配送効率の向上を図るため、31フィートコンテナを活用したラウンド輸送などによって他業種との共同物流を推進。

また、物流業務の負荷軽減に向けて、取引先との相互理解のもと、曜日別出荷波動などの繁閑差の平準化に取り組む。そのほか、運送契約の書面化を推進し、関係会社と運送に関する諸事項を事前に確認することで、適切な業務遂行に取り組む。

協和発酵バイオでは、お盆や年末年始などの混雑が予想される時期を避けた配送を行うほか、無理な納期設定や値引き依頼などを排除するため、下請取引の適正化を徹底する。

最新ニュース

物流用語集