CPD、東急不動産など/大阪府枚方市で8.2万m2物流施設着工

2020年01月31日 

センターポイント・ディベロップメント(CPD)、東急不動産、三菱UFJリースは2月1日、共同出資する枚方ロジスティクス特定目的会社を建築主とする物流施設「(仮称)CPD枚方」を着工する。

<完成イメージ>

CPD枚方
外観1
CPD枚方
外観2
CPD枚方
休憩室

CPD枚方は、地上4階建て延床面積8万2000m2のマルチテナント型物流施設で、2021年5月末の竣工を予定している。

京都・大阪間を縦断する国道1号(京阪国道)に面しており、新名神高速道路「八幡京田辺IC」から3km、第二京阪道路「京田辺松井IC」から5kmの立地。丘陵地にあり地盤も安定していることから自然災害に強く、豊富な人口を抱える住宅エリアにも近接しているため、労働力の確保にも恵まれた立地となっている。

建屋は地上4階建てで、1階と3階に中央車路に面したトラックバースを設け、3階にはスロープでアクセスする1~2階・3~4階のメゾネット式の設計を採用。1フロアの賃貸区画は5100~5600坪とし、最大で8テナント区画に分割可能とする。

1階と3階に計116台の接車バースを整備、各区画に現場対応用の事務所エリアを設置、庫内に荷物用エレベーター12基と垂直搬送機8基を設置し、多様な荷物への対応と搬送・保管効率の向上を図る。

外壁に断熱性能の高いサンドイッチパネルを採用、全館LED照明を備えるなどの省エネ対策を施し、環境負荷低減に配慮した施設としてCASBEEの「Aランク」認証取得を予定。

また、BCP対策として、制震ブレースを採用した揺れに強い構造や、非常用発電機を設置し、緊急時にも荷物用エレベーターやコンセント等を停止せずにオペレーションを可能にする。

さらに、職場環境にも配慮し、共用の休憩室や売店、喫煙スペース、ドライバー用トイレなどのアメニティを設ける予定。

<アクセス図>

CPD枚方
広域図
CPD枚方
狭域図

■「(仮称)CPD枚方」
建設地:大阪府枚方市長尾峠町
敷地面積:3万8000m2
延床面積:8万2000m2
構造:鉄筋コンクリート・鉄骨造 4階建
着工:2月1日
竣工:2021年5月末(予定)
施主:枚方ロジスティクス特定目的会社

最新ニュース

物流用語集