トルビズオン/つくば市の住宅地でドローン配送実証実験

2020年02月18日 

トルビズオンは2月17日、茨城県つくば市でドローン配送の実証実験を実施すると発表した。

<飛行ルート>

<使用するドローン>

実証実験には、損害保険ジャパン日本興亜、SOMPOリスクマネジメント、カスミ、大和ライフネクスト、NTTドコモが協力。

2kgまでの商品を積載できる自動運航型ドローンを使用し、学園の杜公園~はなのき公園までを飛行することで、空中利用権の賃借や、ドローンによる商品配送、上空における携帯電波の有効性、課題(土地所有者、近隣住民への理解、需要等)を検証する。

今回の実証実験は、つくば市の「つくばSociety5.0社会実装トライアル支援事業」で採択された「スマートシティに向けた、ドローン配送の社会実装」として実施するもの。

■実証実験の概要
日時:2月20日 9:30~13:00を予定(荒天時中止、予備日は21日10:00~13:00)
ドローンの発着場所:はなのき公園、学園の杜公園 計2か所
使用機体:ドローン本体9.6kg(1台で運航)、自動運航型、積載商品は2kg以内

■関係機関・役割
実証実験全般:トルビズオン
関係者調整、PR等の実証実験支援:つくば市

「協力企業、関係者」
小売:カスミ
ドローン運航:SOMPOリスクマネジメント
保険:損害保険ジャパン日本興亜
配送先集合住宅調整:大和ライフネクスト(管理会社)
LTE通信サービスの提供:NTTドコモ
住民協力:スマ・エコ シティつくば研究学園区会

最新ニュース

物流用語集