GROUND/SAPジャパンのLogiTechカンパニーとして選出

2020年03月16日 
関連キーワード:

GROUNDは3月16日、 SAPジャパンが企画・開催する第2回スタートアップ向けプログラム「SAP.iO Foundry Tokyo」にデジタルトランスフォーメーションを牽引するLogiTechカンパニーとして選出されたと発表した。

「SAP.iO Foundry」は、SAPがグローバルで展開するBtoBスタートアップ向けプログラム「SAP.iO」の取り組みの一つとして、社外の優れたスタートアップを支援することを目的としている。第2回目となるこのプログラムには計55社が応募し、厳正な審査の結果、6社が採択された。その1社がGROUNDとなる。

今回、GROUNDは、物流・EC分野におけるデジタルトランスフォーメーションを牽引するLogiTechカンパニーとして、SAPが目指すエコシステムのパートナー企業の1社となり得る先進性と将来性が評価され、選出されている。

GROUNDは、3月16日より13週間にわたり、“Industry4.0”をテーマとしたスタートアップ支援プログラムおよびメンター制度を受け、 2020年6月に最終成果の発表を予定している。

テーマの内容は「BtoB向け事業戦略に寄与するノウハウ共有」「SAP製品とのAPI等を通じた連携の実装」「SAPエンタープライズ顧客への共同アプローチ」としている。

GROUNDの宮田啓友CEOは、「『Intelligent Logistics』で世界の物流・ECに先端テクノロジーを用いた新しい価値提供を目指すGROUNDにとって、「SAP.iO Foundry」への選出を大変光栄に思っている。 このプログラムでの学びを通し、さらなる事業成長と企業価値向上を目指したい」と話している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集