佐川グローバルロジ/大阪南港に物流センターを新設

2020年03月26日 

佐川グローバルロジスティクスは4月1日、大阪市住之江区南港の物流施設「レッドウッド南港ディストリビューションセンター1」内に物流センター「南港営業所」を開業すると発表した。

<大阪南港営業所を開設したレッドウッド南港DC1>
大阪南港営業所を開設したレッドウッド南港DC

大阪市内の複数拠点との人員連携や、空港、港湾に近い利便性により円滑な物流サービスの提供が可能になる。

大阪南港営業所は、阪神高速「南港北IC」から1.5km圏内の好立地にあり、円滑な物流ネットワークを構築する新たな拠点となる。大阪港、関西国際空港からのアクセスが良く海上貨物、国際航空貨物の拠点として、越境ECなど輸出入を伴う物流サービスの提供に最適な立地だ。

大阪市内では3つ目の拠点となるが、近隣10km範囲内に既存の2つの事業所があり、季節による急な物量増加やスポット業務にも近隣拠点から人員増員やスペース共有がスムーズに行え、安定した物流サービスの提供が可能。

また、電気製品やアパレル商材に限らず、冷蔵冷凍設備を増設することで食品の取り扱いも可能となり幅広い商材を取り扱うことができる。館内には、共有スペースとしてWI-FI付き休憩室ラウンジや売店を併設しており、従業員の働きやすい環境としても整備されている。

■事業所概要
所在地:大阪府大阪住之江区南港中1-4-140
レッドウッド南港DC1の3F、4F部分
面積:1万362m2(3140坪)(倉庫・事務所)
アクセス:阪神高速「南港北IC」から車で1.3キロ、ニュートラム線「ポートタウン西駅」から徒歩10分、大阪中心部へは阪神高速利用で15分

最新ニュース

物流用語集