ラサール不動産、NIPPO/埼玉県加須市に12万m2の物流施設着工

2020年04月21日 

ラサール不動産投資顧問とNIPPOは4月21日、2社が共同開発する「ロジポート加須」を5月1日に着工すると発表した。

<外観パース>
外観パース

<ランプ側からの外観パース>
ランプ側からの外観パース

<周辺地図>
周辺地図

「ロジポート加須」は、敷地面積5万3016m2、延床面積12万1418m2の地上4階建てマルチテナント型物流施設。この施設の位置する埼玉県加須市は、埼玉はもとより、至近の圏央道や東北道にて東京、千葉を含む一都五県を中心とした首都圏全域、および東北エリアへの配送拠点として注目されている。

2020年3月に国道125号栗橋大利根バイパスが開通したことで、この施設から東北自動車道「加須IC」まで2.8km、「久喜IC」まで 9.5kmとなり、高速道路への良好な交通アクセスが実現した。雇用環境においても、最寄りのバス停まで徒歩1分と従業員の交通利便性の良さも兼ね備えている。また立地するエリアは 工業専用地域であるため、24時間のオペレーションが可能だ。

倉庫部分においては、大型シングルランプウェイを採用したことで各階に直接着車が可能となり、テナント企業はオペレーションの効率化を図ることができる。

1~3階を高床倉庫、4階を低床倉庫としており、最小面積約650 坪から分割が可能。1フロア最大約7400坪まで利用できるため、様々なテナントニーズに対応している。建物仕様では、全館LED 照明の設置で省電力化や環境に配慮している。また、72時間対応の非常用発電機を備えることで、利用者の安全確保、BCPにも対応している。

■施設概要
所在地:埼玉県加須市豊野台一丁目317番5他(地番)
敷地面積:5万3016.60m2
延床面積:12万1418.95m2
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造、地上4階建
設計監理監修:日立建設設計、エノア総合計画事務所
設計施工:竹中工務店
施主:加須プロパティー特定目的会社
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2020年5月1日
竣工:2021年5月31日(予定)

最新ニュース

物流用語集