Automagi/スマホ撮影で荷姿サイズの測定可能に

2020年04月21日 
関連キーワード:

Automagiは4月21日、AI画像認識によって荷姿のサイズを簡単に測定できる技術を一部開発したと発表した。

<開発中の三辺計測アプリイメージ動画>

この技術では、AIディープラーニングと端末側のAR技術を活用し、スマートフォンやタブレット端末で荷物を撮影することで対象物の輪郭を自動的に取得し、荷姿のサイズを測定することが可能で、トラックドライバーの方の料金特定や、コンビニでの宅配収集、倉庫管理のためのマスタデータ作成などに活用を見込んでいる。

現時点で、立方体の定型荷物に限って90%以上の精度で測定を実現しており、将来的には非定型の荷物にも対象を広げて荷物の3辺の長さを検出できることを目指す。

この技術は、2019年12月に内閣府の「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期スマート物流サービス」に採択されたプロジェクトによる成果の一部。

Automagiは、2019年12月から、スマート物流を支援するスマホAIアプリケーション基盤技術をテーマに「物流・小売業界の人手不足」「ニーズの多様化とそれに伴う効率性の低下」を映像処理AI技術で解決するため、研究開発に取り組んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集