ZMP/無人貨物牽引車両「CarriRo Tractor」発売

2020年04月27日 

ZMPは4月27日、EVトーイングトラクターベースの自動運転貨物けん引車両「CarriRo Tractor」を発売した。

<CarriRo Tractor>

CarriRo Tractorには、ZMPの自動運転の頭脳となる「IZAC」を搭載しており、コンピューター制御によって最大25トンの貨物けん引が可能。空港や港湾施設でのコンテナ輸送のほか、工場敷地内での建屋間の部品・材料の輸送などでの利用を想定している。

販売価格は3600万円から。

なお、CarriRo Tractorについては、国交省航空局主催の「空港制限区域内の自動走行に係る実証実験」で、丸紅とZMPの合弁会社であるAiROが成田国際空港と関西国際空港での貨物運搬の実証実験を2020年度に予定している。

■EVトーイングトラクター CarriRo Tractor 製品ページ
https://www.zmp.co.jp/carriro/carriro-tractor

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集