CRE/最新シャトル式自動倉庫の導入事例を紹介

2020年06月09日 

シーアールイーは、運営する倉庫検索サイト「ロジスクエア」内コンテンツ「物流インフラプラットフォームNews」で、シャトル式自動倉庫の導入実現についてのインタビュー記事を掲載している。

導入したシャトル式自動倉庫は、倉庫設備新設や倉庫コンサルティング事業などを手掛けるAPT製のシャトル式倉庫内ロボットストレージシステム「Hive」で、アパレル企業向けのECフルフィルメント事業やオムニチャネルソリューション事業を手掛けるAMSの物流拠点内に導入された。

AMSとAPTは、ともにシーアールイーが提供する「物流インフラプラットフォーム」を構成する企業。「Hive」の導入は今回が国内初のケースとなる。

インタビュー記事では、スピーディーかつ低コストで導入可能な「Hive」の魅力や、「Hive」導入によって得られた効果などが紹介されている。

■記事詳細はこちら
物流インフラプラットフォームニュース第五弾
「自動化実現で“アパレル業界課題”解決に大きな前進!AMS×APTのシャトル式自動倉庫」

https://www.logi-square.com/sh/9ae2701ee4

■問合せ
シーアールイー マーケティングチーム
担当:石原、近藤
メール:leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5572-6604

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集