センコーGHD/グループの日本マリンがケミカルタンカーを就航

2020年08月18日 

センコーグループホールディングスは8月18日、グループ会社で、内航・外航海運事業を行う、日本マリンが、新造したケミカルタンカー「吉祥(きっしょう)」を就航させたと発表した。

<新造ケミカルタンカー「吉祥」>
20200818senkog1 520x347 - センコーGHD/グループの日本マリンがケミカルタンカーを就航

<進水式の様子>
20200818senkog2 520x347 - センコーGHD/グループの日本マリンがケミカルタンカーを就航

「吉祥」は、日本マリンの既存顧客に対する輸送サービスの強化と、センコーが新たに獲得した海上輸送業務に対応するために建造したもの。

今年6月に行った進水式は新型コロナウイルス感染予防の観点から、Zoomを活用したオンラインで開催。この船は、瀬戸内海の各港を巡行し、濃硫酸・発煙硫酸などの輸送を行っていく。

■船の概要
船種:ケミカルタンカー
全長:69.85m
幅:11.50m
深さ:5.10m
総トン数(G/T):749トン
積荷積載量:約1600t
速度(航海速力):12.0ノット
船級:NK
起工:2020年2月7日
進水:2020年6月9日
竣工:2020年8月18日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集