エアロネクスト、ACSL/高性能物流ドローンを共同開発

2020年08月31日 

エアロネクストと自律制御システム研究所(ACSL)は8月31日、エアロネクストの機体構造設計技術「4D GRAVITY」を搭載した産業用ドローンの共同開発契約と、開発機体の製造・販売に関する「4D GRAVITY」特許群のライセンス契約を締結したと発表した。

<ACSLの鷲谷 聡之社長兼COO(左)、エアロネクストの田路 圭輔CEO>

両社は、ACSLが開発中の物流ドローンへに「4D GRAVITY」を活用し、安定性・効率性・機動性を向上させたドローンの開発を行う。また、点検や防災等の領域でも、産業用ドローンに順次「4D GRAVITY」搭載の検討を進める。

「4D GRAVITY」は、機体重心を最適化することで飛行中の姿勢、状態、動作によらずモーターの回転数を均一化して、安定性・効率性・機動性といった産業用ドローンの基本性能を向上させるエアロネクストが開発した構造設計技術。

最新ニュース

物流用語集