ESR/ナカノ商会と埼玉県戸田市の8.1万m2物流施設全棟契約

2020年09月23日 

ESRは9月23日、埼玉県戸田市で9月末に竣工予定の「ESR戸田ディストリビューションセンター(戸田DC)」について、ナカノ商会と全棟賃貸借契約を締結したと発表した。

<ESR戸田ディストリビューションセンターの完成イメージ>
ESR戸田ディストリビューションセンター

ESR戸田ディストリビューションセンター

ESR戸田ディストリビューションセンター

戸田DCは地上4階建て延床面積8万1391m2の施設で、10月1日からナカノ商会が入居する。

建屋には、2階まで直接アクセスできるスロープを設けており、中央車路によって雨天・降雪時でも影響を受けずにオペレーションが可能。トラックバースは1・2階で計52台、トラック待機場は敷地内に計20台整備してある。

倉庫スペースの柱スパンは11.25m×10.6mとフレキシブルで使い勝手の良いレイアウトが可能。特別高圧電力での電力供給を行い、ロボティクスや冷蔵冷凍、ハイスペックなシステム導入など、多様なニーズに対応しやすく汎用性の高い、物流運営の効率性を重視した設計となっている。

また、環境負荷の低減に配慮し、省エネルギーで持続可能な物流施設の実現を目指した「CASBEE」Aランクの基準を満たす建築計画により、運営コストの低減にも寄与。BCP対策としては非常用発電機を設置し、ESR社内に設置した運営・管理を専任するプロパティマネジメントチームによる管理体制を整え、安心・安全な施設を提供する。

戸田DCは荒川を境に東京都と接する埼玉県南部に位置し、首都高速5号池袋線「戸田南IC」から2km、東京外環自動車道「戸田西IC」から4kmと、東京都心や関東圏への広域交通網へのアクセスに優れており、さいたま市中心部へ6km、東京都心部まで16km(車で30分圏内)と希少性の高い首都圏屈指の物流適地に立地している。

また、住宅密集地から近く、最寄のJR埼京線「戸田公園駅」からバスで3駅で徒歩通勤も可能、周辺には公園やコンビニエンスストア、商業施設などが立地しているといった周辺環境に加え、ESRの基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づいた従業員が快適に過ごせる施設となっており、これら「都心へ近い好立地」「雇用の確保」がナカノ商会から評価され、契約締結に至った。ESRの物流施設にナカノ商会が入居するのは、今回が初となる。

ESRのスチュアート・ギブソン代表取締役は、戸田DCの契約締結について「戸田DCは都心に近く人材確保もしやすい好立地で、建物もESRの最新鋭の仕様になっている。今月末の竣工を前にナカノ商会と全棟を契約できたことは、大変光栄でESRにとっても大きな励みになった。ESRは、どんな状況下においても日本とアジアの物流施設を進化させる役割を果たすため、チーム一丸となって引き続き努力していく」とコメントしている。

■ESR戸田ディストリビューションセンター概要
所在地:埼玉県戸田市新曽南4-3-76
敷地面積:4万746m2
延床面積:8万6950m2
竣工:9月30日(予定)
構造:地上4階建て・耐震構造・S造
用途地域:工業地域
アクセス:首都高速5号池袋線「戸田南IC」2km
東京外環自動車道「戸田西IC」4km
JR埼京線「戸田公園駅」1.4km(徒歩15分)
国際興業バス「新曽南二丁目」400m(徒歩4分)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集