ライナロジクス/ゼンリンシステムにAI自動配車エンジン提供

2020年10月13日 

ライナロジクスは10月13日、ゼンリン・ゼンリンデータコムが提供する運送・配送業務の効率化支援サービス「ZENRIN ロジスティクスサービスに「AI自動配車エンジン」を提供したと発表した。

「AI自動配車エンジン」とは、ロジスティクスの現場で20年以上改良してきた独自のAIエンジン「ライナ メタヒューリスティクス」。企業ごとに異なる複雑な制約・条件を網羅し、配送計画に不可欠な距離や時間、人件費といった配送コストを最重要視して計算。何万~何十万通りの計画を瞬時に比較検討しながら、トータルコストに最も優れた配送計画を高速で提案する。

これにより、このサービスは、AIによる配車計画から、ゼンリンの住宅地図データを活用したルート案内、業務進捗の管理・分析までを一気通貫でサポートするサービスとなる。

ライナロジクスが提供する「配送ルート最適化エンジン」とゼンリン・ゼンリンデータコムが保有する位置情報技術を組み合わせることにより、現場での様々な制約を考慮した最適な配車計画と運行管理を実現し、EC・宅配からBtoBの運送まで幅広い運送・配送業務の効率化を強力にサポートする。

このサービスは2020年10月15日に提供を開始する。

■ZENRIN ロジスティクスサービス
https://www.zenrin.co.jp/product/category/iot/industry/logistics/index.html

最新ニュース

物流用語集