アイリスオーヤマ/新型コロナ対応、生産設備増強し備蓄倉庫増設

2020年11月19日 

アイリスオーヤマは11月19日、世界的な新型コロナウイルス感染の拡大と長期化に対応するため、家庭用マスクに加えて、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、現在も品薄状態が続いている「除菌ウェットティッシュ」を宮城県角田工場で生産することを決定したと発表した。

<角田工場>
角田工場

<つくば工場>
つくば工場

さらに、「つくば工場」の敷地内に生活必需品の備蓄倉庫として、第2倉庫を増設することで、有事の際に安定供給できるサプライチェーンの構築を実現する。

これにより、今後グローバル規模で物流に混乱や遅延が生じるような非常時でも、国民が健康で安心な生活を営む上で重要な製品を安定供給できる。

なお、同社は、これまで中国の大連工場と蘇州工場の2拠点の生産に加えて、角田工場へのマスク生産設備導入により、日本国内に2億3000万枚/月を供給できる体制を構築してい。また、中国での感染拡大時にマスクの重要資材である不織布(メルトブロー、スパンボンド)の調達が困難になった経緯を踏まえ、同工場内に資材製造設備も新たに導入することで内製化率を高め、中国一国に依存する供給体制を見直している。

■角田工場 追加投資概要
所在地:宮城県角田市小坂上小坂1番
設備投資金額:約10億円
追加生産アイテム:医療用N95マスク
 除菌ウェットティッシュ
生産能力:医療用N95マスク … 1万枚/月
 除菌ウェットティッシュ … 100万個/月
稼働時期:2021年秋

■つくば工場 第2倉庫概要
所在地:茨城県稲敷郡阿見町 大字 星の里26
設備投資金額:約25億円
延床面積:1万7833m2
新規雇用人数:50名
竣工時期:2021年度中

最新ニュース

物流用語集