商船三井/ウェブアプリ導入で航海記録データの即時処理実現

2020年11月20日 

商船三井は11月20日、航海記録の要約版であるアブログのデータをリアルタイムに処理・活用するウェブアプリ「Online ABLOG(オンライン アブログ)」をグループ会社の商船三井システムズと開発し、運用を開始したと発表した。

アブログは、寄港地名、入出港日時、航海時間、位置、速力、燃料・潤滑油、停泊期間などのデータを記録したもの。従来は乗組員が船上で専用ソフトウェアを利用して作成し、電子メールで陸上の関係先へ送信していたが、陸側でのデータ取込に時間がかかり即時のデータ分析が困難だったほか、船陸双方の他システムとの連携ができずにデータの二重入力が発生していた。

今回、これらの問題を解決するため、専用ソフトウェアを使わずにウェブブラウザーから衛星回線経由で利用するウェブアプリを構築。

海上通信環境下では陸上と比べて回線速度が遅いため、ウェブアプリ開発当初は船上からのサーバー接続に時間がかかり実用に耐えない状況だったが、日本マイクロソフトの協力を得て開発を進めた結果、十分業務に耐え得るレベルを実現し、他システムとの連携も含めて業務効率化に成功した。

ウェブアプリは197隻に搭載済みで、今後順次拡大していく予定。

最新ニュース

物流用語集