CEC/LogiPullに新型コロナ感染症対策サービス機能追加

2020年11月26日 

シーイーシー(CEC)は11月26日、物流効率化ICTソリューション「LogiPull(ロジプル)」による物流センター・倉庫、運送業界向けの新型コロナ感染症対策として、非接触型の発熱スクリーニング機能を追加した新サービスを提供開始した。

<LogiPull 受付機能と連携した体温測定・消毒とアンケート回答イメージ>
LogiPull 受付機能と連携した体温測定・消毒とアンケート回答イメージ

<新サービスのイメージ図>
新サービスのイメージ図

このサービスは、トラック車両のバース入場、予約受付、作業実績管理などをクラウド環境で提供する LogiPull受付管理機能と非接触式の体温測定デバイスを連携したもの。体温測定デバイスは、体温計・消毒液ディスペンサー一体型モデルと体温検知のみの2機種に対応している。

LogiPull 新サービスでは、受付タブレット端末上のガイダンスに従って、来場者が「体温測定」「体調に関するアンケート」をセルフサービス方式で行うことができる。発熱を検知した場合は、タブレット画面上での警告表示やメール、自動音声電話などによる警告通知を行う。

来場者の受付情報(氏名、所属会社、携帯電話番号など)と検温結果を紐づけ、クラウド上で一元管理し、Webブラウザでどこからでも閲覧できる。受付担当者と倉庫管理者とのリアルタイムな
情報共有や、夜間受付時なども24時間365日、遠隔対応で入場者を管理することができる。

<クラウド上で一元管理し履歴追跡ができる>
クラウド上で一元管理し履歴追跡ができる

万が一、来場者や倉庫作業員に感染が判明した場合、濃厚接触者の割り出しが必要になる。従来、紙の受付表では濃厚接触者の割り出しに時間や手間がかかっていた。新サービスは、来場者情報をクラウド上で一元管理しているため、来場者のトレーサビリティ管理に使用できる。

LogiPull 実績収集機能(バース名ごとに作業開始~終了時間を記録する機能)との連携で、該当する来場者の「時間帯」「バースエリア」「作業内容」を履歴追跡ができる。感染者発生後の行政機関への報告や自宅待機の可否などの判断に役立つ。

LogiPull の発熱スクリーニング機能に対応した体温測定デバイスは、赤外線体温計「サーモフレーズ」と、体温測定と手指消毒を1台で行える「ピッとシュ!」の2 種類となる(随時他機種に対応予定)。

なお、新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大に伴い、国や業界ごとの感染予防対策ガイドラインが示されている。出勤前後の健康管理(体温計測や症状の有無)、勤務中の定期的な手洗い、手指消毒用液の配置が推奨され、物流現場でも徹底した感染症対策が取り組まれている。現場の感染症対策として、受付時の来場者の検温や体調に関するアンケートの記入依頼が増えている。このため、感染リスクの高い体温計の受け渡し、体温記録、情報管理に手間がかかっている。

シーイーシーは、コロナ禍による物流現場の業務増と感染予防対策の負荷軽減に向け、トラック待機時間対策や入出庫業務の効率化、受付業務の省人化・デジタル化を支援しているもので、今回のサービス提供もその一環のもの。

最新ニュース

物流用語集