日通/関西国際空港で医薬品の航空輸送品質認証取得目指す

2020年12月14日 

日本通運は12月14日、関西エアポートが主催する「KIX Pharmaコミュニティ」に参画し、IATA(国際航空運送協会)が提唱する医薬品輸送品質認証「CEIV Pharma」の2021年中の取得を目指すと発表した。

CEIV Pharma(The Center of Excellence for Independent Validators in Pharmaceutical Logistics)は、IATAが策定した医薬品の航空輸送に関する品質認証制度で、世界各国で異なる医薬品の保管・輸送基準(GDP)を包括した高い基準を定めている。今回、より安全で高品質な医薬品輸送サービスをグローバルに提供していくため、西日本のゲートウェイである関西国際空港で同認証の取得を目指す。

医薬品業界では、医薬品の適正な流通基準であるGDPがEUで法制化されており、日本でも2018年12月28日に日本版GDPガイドラインが発出されるなど、原料や素材の調達から最終消費者への供給に至るまで、厳格な管理がグローバルレベルで要求されている。

日本通運は「日通グループ経営計画2023~非連続な成長”Dynamic Growth”~」で医薬品産業を重点産業と位置付け、医薬品物流の全体最適を実現する医薬品サプライネットワークを構築中。核となる医薬品センターの建設も進んでおり、先般、九州の拠点が竣工したほか、続く西日本、東日本、富山の完成も間近となっている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集