SBS即配サポート/家電リサイクル指定引取場所を新規開設

2020年12月16日 

SBS即配サポートは12月16日、家電リサイクル指定引取場所として、神奈川県横浜市に幸浦デポを11月4日に新規開設したと発表した。

同社環境事業部は、東京都の東雲事業所と神奈川県の横浜事業所に産業廃棄物の中間処理施設を保有しており、再資源材の原料や最終処分に適合した形に加工し、運搬までの業務を行っている。

廃棄家電の取引業務では、家電リサイクル法に基づいた指定引取場所として昨年2月から埼玉県岩槻市に岩槻デポを稼働しているが、このたび2か所目の拠点として、横浜事業所の近隣に幸浦デポを新設し、運用を開始したもの。

家電製品(4品目)を廃棄するには、家電リサイクル法に則した処理が必要となり、幸浦デポでは、廃棄する家電製品の引取りや保管、家電リサイクル券センターへの引取データ送信や製造業者等の家電リサイクルプラントへの引渡しを主な業務としている。

■概要
名称:幸浦デポ
住所:神奈川県横浜市金沢区幸浦2-6-4
交通:首都高速湾岸線 幸浦ICより2km
   横浜横須賀道路 並木ICより2km
   金沢シーサイドライン 並木中央駅より1km

最新ニュース

物流用語集