ホームロジ/茨城県五霞DCで協力会社従業員が新型コロナ感染

2020年12月17日 

ホームロジスティクスは12月6日、茨城県の同社五霞DCの協力会社従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが12月14日に判明したと発表した。

この従業員は、12月10日に発熱の為、医療機関を受診。12月11日に保健所の指示のもとPCR検査を受検し、12月14日に陽性と診断された。

従業員は12月8日が最終出勤日で、勤務期間中はマスクを着用していた。なお、顧客と接する業務には従事していない。

この従業員への聞き取りと保健所の調査の結果、濃厚接触者として同社協力会社従業員の1名が特定されており、12月15日にPCR検査を受検し、陰性判定を受けている。なお、顧客に濃厚接触者に該当する人はいない。勤務期間中は定期的な館内清掃、消毒作業を実施していた。

また、この従業員が使用した可能性のある館内設備について専門業者による消毒を完了している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集