LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ニトリ/宮城県仙台市と福岡県福岡市に自社物流センター建設

2022年12月19日/物流施設

PR記事

ニトリホールディングスとホームロジスティクスは12月19日、宮城県仙台市と福岡県福岡市に、新たに自社物流センターを建設すると発表した。

<仙台DCの完成イメージ>
20221219nitori 520x345 - ニトリ/宮城県仙台市と福岡県福岡市に自社物流センター建設

宮城県仙台市では、宮城野区蒲生に地上4階建て延床面積8万4029m2の「仙台DC(ディストリビューションセンター)」を建設する。着工は2023年4月、竣工は2024年8月を予定している。

同センターには、既存の仙台DC(仙台市宮城野区港)を移設するほか、機能を集約し、東北エリア全体をカバーする物流拠点として稼働する。

建設地は、仙台港や仙台東部道路「仙台港IC」から5km圏内に立地している。

<福岡DCの完成イメージ>
20221219nitori1 520x344 - ニトリ/宮城県仙台市と福岡県福岡市に自社物流センター建設

福岡市では、東区のアイランドシティ港湾関連用地に地上4階建て延床面積10万9939m2の「福岡DC」を建設する。着工は2023年10月、竣工は2025年1月を予定している。

同センターは、博多港コンテナターミナルから約700mの距離に立地しており、海外コンテナのドレージ輸送に適した立地。既存の九州DC(福岡県糟屋郡篠栗町)からは約16kmの距離に位置しており、両DCで中国・九州・沖縄エリアを広くカバーする。

両センターの整備は、総額3500億円を投じて2.5万~12万坪規模の自社物流センターを8か所に新設する国内物流拠点再構築の一環をなすもの。

物流拠点の再構築は、物流拠点の最適配置と機能集約を柱とし、出店加速、EC需要拡大等による物量増加に対応する機能拡充に加え、CO2排出抑制や効率の向上、コストの大幅な削減を目指した改革で、ホームロジスティクスが主導して推進している。

ニトリは、これまでに石狩DC(北海道石狩市)、神戸DC(神戸市中央区)、名古屋DC(愛知県飛島村)、幸手DC(埼玉県幸手市)の建設計画を公表している。

■拠点概要
「仙台DC」
所在地:仙台市宮城野区蒲生3-9-1
構造:RCS造一部S造、耐震構造、地上4階建
敷地面積:4万663m2
延床面積:8万4029m2
着工時期:2023年4月1日(予定)
竣工時期:2024年8月1日(予定)

「福岡DC」
所在地:福岡市東区みなと香椎3-29-10
構造:S構造、耐震構造、地上4階建
敷地面積:4万982m2
延床面積:10万9939m2
着工時期:2023年10月1日(予定)
竣工時期:2025年1月1日(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース