Yper/再配達削減のOKIPPA20回利用でカーボンニュートラル

2020年12月17日 

Yperは12月17日、再配達をなくす置き配バッグT「OKIPPA(オキッパ)」に関するLCA(ライフサイクル・アセスメント)を、サステナブル経営推進機構(SuMPO)の監修のもと実施、製品ライフサイクルにおける二酸化炭素(CO2)排出削減効果を算出しその結果を発表した。

<OKIPPA利用によるカーボンオフセット推移>
20201217yper 520x273 - Yper/再配達削減のOKIPPA20回利用でカーボンニュートラル

LCAの結果、OKIPPAを使って再配達を削減した回数が利用者1人あたり20回を超えた時点で、OKIPPA1個分の製造や流通、廃棄の過程でのCO2排出がオフセットされ(カーボン・オフセット ) 、カーボンニュートラルとなることが証明された、としている。

カーボンニュートラルとは、生産や人為的活動を行った際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、というもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集