サンゲツ/無人搬送ロボット導入の新物流センターを大阪市に開設

2021年01月05日 

サンゲツは1月5、物流業務の「自動化・省人化」をコンセプトとした「関西ロジスティクスセンター」を大阪市淀川区に新設したと発表した。

<関西ロジスティクスセンター完成予想図>
関西ロジスティクスセンター完成予想図

<ロジスティクスセンター 拠点再編の実績>
ロジスティクスセンター 拠点再編の実績

同社では、全国で1日に平均約6万点の出荷を行うロジスティクス部門での在庫・出荷・配送といったサービス機能の強化を進めてきた。このたび、「関西ロジスティクスセンター」の新設・統合を行うことで、西日本エリア全体のさらなる物流体制の強化を図るもの。

「関西ロジスティクスセンター」では、新たに取り入れた無人搬送ロボット「GTP」が壁紙の在庫棚を出荷場所まで自動搬送。出荷担当者が在庫棚まで商品を取りに行く必要がなくなり、 人の移動時間と体力的負担を削減。また、無人搬送車「AGV」が商品をフォークリフトで搬送する作業を人に代わって行うほか、壁紙の自動梱包機や床材の自動長尺カット機なども導入することで、 人による作業を大幅に削減し、自動化・省人化に取り組む。

また、壁装材や床材、ファブリックなどの全商品約1万2000点を在庫し、関西エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県)のみならず、各ロジスティクスセンター向けの供給用商品の西日本在庫拠点としての役割を果たす。西日本エリアでの物流体制の強化を図ることで、さらなるサンゲツロジスティクス部門のサービス機能の拡充と高度化を推進する。

今後は、配送コストの上昇や重量物配送の忌避傾向といった物流業界全体を取り巻く課題を踏まえ、中期経営計画(2020-2022)「 D.C. 2022」のもと、自社配送体制の拡充と高度化を進めるとともに、RPA(手順が決まったパソコン作業を自動化するソフトウェア)の導入などDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することでデータを活用した業務改革にも取り組んでいくとしている。

■概要
施設名称:サンゲツ 関西ロジスティクスセンター
住所:大阪市淀川区加島2-1-74 MFLP 大阪I内
在庫商品:壁装材・床材・カーテンなど 計約1万2000 点
延床面積:4万3880m2
業務開始日:2021 年1月5日

最新ニュース

物流用語集