STANDAGE/山九と協力、貿易書類作成の無料サポート開始

2021年03月08日 
関連キーワード:

STANDAGE(スタンデージ)は3月8日、貿易を行う日本の中小企業向けに、貿易に必要な書類の作成を無料でサポートするサービスを開始した。

新サービスは、同社のデジタル貿易総合サービス「DiGiTRAD(デジトラッド)」の機能として、サービス利用者を対象に「INVOICE」「PACKING LIST」などの貿易に必要な書類の作成を無料でサポートする。

「DiGiTRAD」は、簡単な国際輸送費の見積もりや、貿易に必要な書類の大部分を自動化する仕組みを備えていることからサポートが可能になったという。また、サービスの提供では山九が協力する。

STANDAGEは、山九と2020年3月に資本業務提携を行い、「DiGiTRAD」と山九の国際小口輸送サービス「SBY」を連携している。2社では、連携を通じて、安心・安全・簡単に貿易ができる国際輸送サービスの構築や物流業務のDX化を共同で進めていくいう。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集