山九など3社/貿易物流での先端テクノロジー活用へ新組織発足

2020年05月28日 

山九、STANDAGE、LOZIは5月28日、貿易物流業界で先端テクノロジーを活用するための研究・開発を目的とした合同研究機構「ロジスティクス・ラボ(ロジラボ)」を発足し、6月1日から運営を開始すると発表した。

ロジラボでは、航空輸送、海上輸送等のフォワーディングサービスをワンストップで提供する「山九」、ブロックチェーン技術を基盤としたデジタル貿易決済プラットフォームを提供する「STANDAGE」、物流トレーサビリティをスマートホンで可視化できるスマートバーコードを提供する「LOZI」の強みを生かした取り組みを実施。

第1弾として、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている中小企業を対象に、「出荷納品」、「物流追跡」、「国際決済」等の貿易業務をワンストップでサポートしていく。

<ナイジェリアとの貿易実証実験で行ったデジタル通貨での貿易決済トライアルイメージ

<現在構築しているスマホでの貨物トレース情報>

直近では、3社のサービスを融合し、日本からナイジェリアへの貿易実証実験を行っており、各種業務や物流の一部機能が円滑に進行できる事を確認した。

今後、ロジラボではビジョンを共有する企業の参加を募り、定期的な協議と研究・開発を加速させることで、業界への貢献を目指すとしている。

最新ニュース

物流用語集