LOZI、STANDAGE/新たな貿易・物流サービス構築へ業務提携

2020年04月23日 
関連キーワード:

スマートロジスティクス事業を手掛けるLOZIと貿易総合プラットフォームサービスを手掛けるSTANDAGEは4月23日、両社のシステム連携を行い、新たな貿易・物流向けサービスを構築するための業務提携を締結した。

LOZIは、物流のモノの動きをスマートフォンで可視化するシステム「スマートバーコード」を提供している。同システムは、一つのQRコードに格納されている文字列が、アクセスする人、端末、順番、場所、時間などによって可変する技術。トレーサビリティに活用することで、今まで分断されていたメーカー、物流会社、流通会社、消費者間でのモノの動きを可視化し、サプライチェーン内で必要なさまざまな情報のアップデートを一つのバーコードで行うことができる。

一方、STANDAGEは、貿易の売り手と買い手のマッチングから、決済・ファイナンス、貿易実務作業のサポートを行う、貿易総合プラットフォームサービス「Shake Hands Contract(SHC)」を提供している。

SHCでは、ブロックチェーン技術を用い、決済方法に暗号資産を利用することで、既存の商流と比べ、送金手数料を最大90%削減、貿易実務期間を最大2週間短縮、作業コストの約60%削減が可能。これにより、今まで海外企業との取引ハードルが高かった中小企業に、新たな貿易の機会をもたらすことができる。

今回の提携により、スマートバーコードとSHCのシステム連携を実施することで、LOZIが物流トレーサビリティを、STANDAGEが国際決済や実務作業のサポートを担い、貿易・物流の一層の効率化を図っていく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集