米国日通/シカゴに新物流施設、本社機能を移転

2021年03月16日 

日本通運は3月16日、米国日本通運がイリノイ州ウッドデール市に「シカゴ・ロジスティクス・センター」を建設し、3月5日に竣工式を行ったと発表した。

<シカゴ・ロジスティクス・センター>
20210316nittsu 520x389 - 米国日通/シカゴに新物流施設、本社機能を移転

<内観>
20210316nittsu1 520x387 - 米国日通/シカゴに新物流施設、本社機能を移転

シカゴ近郊は、米国の航空貨物のゲートウェイであるシカゴ・オヘア国際空港と、海上コンテナの一大集積地を抱える物流の要衝。近隣のオハイオ・インディアナ・ケンタッキー・テネシー州等は自動車産業の集積地域であると同時に、医薬品産業についても医薬品・医療機器に関わる業種が集積しており、倉庫需要の高まりが見込まれる。

新拠点では、自動車関連顧客の荷姿変換や検品などの付帯作業、クロスドックなど多様なニーズに対応が可能。オヘア国際空港近郊に位置する既存大型施設とともにロジスティクス機能を強化し、中西部地域の最重要拠点としてさらなる事業の拡大を目指す。

また、営業開始日に合わせて、新拠点へニューヨークの米国日通本社を移転し、本社部門、営業部門、作業現場一体型の拠点とすることで、事業展開のスピード化・効率化を図り、米国内事業の強化を推進する。

■米国日本通運 シカゴ・ロジスティクス・センターの概要
所在地:800 North IL Route 83 Wood Dale, IL 60191, U.S.A
敷地面積:7万5952m2
構造:鉄骨造、平屋建て、一部2階建て(事務所部分)
延床面積:2万9498m2(倉庫2万6377m2、事務所他3121m2)
主要設備:高床ホーム、天井クレーン、メザニン、24時間警備、CCTV完備
営業開始:4月1日
業務内容:海運貨物の輸出入フォワーディング・CFS業務、国内トラック輸送業務、倉庫業務、引越業務、ホワイトグラブサービス(開梱・据付のうえ資材回収まで行う配達など、顧客ニーズに細やかに応えるサービス)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集