日通/成田空港近郊の拠点で医薬品輸送品質認証を取得

2021年03月17日 

日本通運は3月15日、成田空港近郊の拠点「Narita Temperature Controlled HUB (NTCH)」とNTCH~成田空港間の輸送部分を対象に、IATA(国際航空運送協会)が提唱する医薬品輸送品質認証「CEIV Pharma」を取得した。

<NTCH内の仕分け室>
20210317nittsu 520x345 - 日通/成田空港近郊の拠点で医薬品輸送品質認証を取得

日本通運は、2019年10月に成田国際空港が主催するコミュニティのメンバーとして認証取得に向けた取り組みを開始。同社の支援を受けながら、コミュニティのフォワーダーとして認証を取得した。NTCHが取得した医薬品品質認証は、2020年3月に取得したGDP(Good DistributionPractice)認証に続き2例目。

日本通運は、2023年度までのグループ経営計画で医薬品産業を重点産業に位置付けている。2020年度にはGDPに準拠した国内4拠点(東日本、西日本、九州、富山)の医薬品専用倉庫を竣工し、サービス提供を開始。また、海外でもGDP認証の取得をはじめとした基盤整備を順次進めている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集