乾汽船/3月期の売上高13.3%減、営業損失12億3300万円

2021年05月14日 

乾汽船が5月14日に発表した2021年3月期決算によると、売上高188億7900万円(前年同期比13.3%減)、営業損失12億3300万円(前期は8億8400万円の損失)、経常損失13億2900万円(前期は10億8000万円の損失)、親会社に帰属する当期損失11億8600万円(前期は8000万円の利益)となった。

セグメント別の業績は、外航海運事業が売上高103億7100万円(18.6%減)、営業損失27億900万円(前年同期は26億100万円の損失)だった。

前連結会計年度での保有船舶の売船や長期借船返船による稼働日数の減少などで売り上げが減った。セグメント損益は、新型コロナウイルスの感染拡大による船舶の維持管理コスト増加などの影響で営業損失になった。

倉庫・運送事業は売上高39億400万円(10.9%減)、営業損失1億9800万円(前期同期は4500万円の利益)だった。

一般貨物の倉庫業では既存荷主の取扱物量が減少したが、新規顧客の獲得やスポット案件の受注の積み上げが寄与し、取扱高は小幅な減少にとどまった。連結子会社の引っ越し業は新型コロナウイルスの感染拡大による需要減退により取扱高が大幅に減った。

一方、セグメント損益は引っ越し業の取扱高の減少や20年4月に稼働した新設文書倉庫の減価償却費の増加などが響き営業損失となった。

次期は、売上高270億8100万円(43.4%増)、営業利益40億4900万円、経常利益39億2700万円、親会社に帰属する当期利益31億7500万円を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集