日新/横浜ウォーターフロント開発、事業パートナー3社決定

2021年05月28日 
関連キーワード:

日新と東急不動産、京浜急行電鉄、第一生命保険の3社(事業パートナー)はこの度、日新が所有する北仲通北 B-1 地区(横浜市中区海岸通 5-25-1)での開発プロジェクトの計画検討を4社のパートナーシップにより推進していくと発表した。

<計画地位置図 >
20210528nisshin1 520x265 - 日新/横浜ウォーターフロント開発、事業パートナー3社決定

<計画地周辺鳥瞰写真 >
20210528nisshin2 520x284 - 日新/横浜ウォーターフロント開発、事業パートナー3社決定

「馬車道」駅周辺は1859年の横浜開港の初期から市街化された「関内」エリアの北端にあり、当時からある通りの名前にちなみ「北仲通(きたなかどおり)地区」またはそのまま「北仲」と呼ばれている。

生糸検査所や関連倉庫群が並ぶ港湾・臨港地区としてミナト横浜と共に発展を遂げ、2000年以降は東急東横線直通のみなとみらい線開業とあわせて、歴史的建造物の一部を保存・復元しながら地区の機能更新が進んできた。

日新は戦後よりこの地に倉庫を構え、国際総合物流のパイオニアとしての礎を築いてきた。区画整理事業を経て日新万国橋駐車場として暫定活用していたが、この度、複数デベロッパーによる提案プロポーザルから東急不動産を代表企業とする事業パートナーを選定し、複合施設開発に舵を切ることとなったもの。

「北仲」エリアは、2012年の UR賃貸住宅「シャレール海岸通」完成、2016年の結婚式場「ノートルダム横浜みなとみらい」開業に続き、2019年には「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」、2020年には商業施設「北仲ブリック&ホワイト」および「ザ・タワー横浜北仲」、横浜市新市庁舎が完成し再開発の大詰めを迎えている。

4月にはこの計画地の眼前に都市型ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が開通するなど更に注目を集めるエリアとなっている。

プロジェクトでは、北仲エリアのラストピースとして、海沿いのプロムナードや広場とともに、賑わいや創造的活動を生み出す商業施設・オフィス、横浜都心の新たなライフスタイルを生み出す居住機能等を整備し、横浜の一層のポテンシャルアップに寄与していくとしている。

■北仲通北 B-1 地区プロジェクト概要
所在:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25−1(住居表示)
交通:横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅徒歩約2分
JR 根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町」駅徒歩約8分※各駅よりペデストリアンデッキで接続予定
敷地面積:約1万2300m2
用途:共同住宅、オフィス、商業、駐車場 等(詳細未定)
竣工:2027年予定(詳細未定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集