三菱重工ほか/冷凍冷蔵倉庫型レーザー誘導方式無人フォーク開発

2021年06月14日 

三菱重工業とグループの三菱ロジスネクストは6月14日、作業内容に応じて有人フォークリフトと同様に搬送計画が立てられる冷凍冷蔵庫型のレーザー誘導方式無人フォークリフトをニチレイロジグループ本社と共同開発したと発表した。

<冷凍倉庫内で稼働のレーザー誘導方式無人フォークリフト「PLATTER Auto」 >
20210614mitsubishi1 520x347 - 三菱重工ほか/冷凍冷蔵倉庫型レーザー誘導方式無人フォーク開発

<写真はニチレイ・ロジスティクス関西の大阪埠頭物流センターでの様子>
20210614mitsubishi2 520x347 - 三菱重工ほか/冷凍冷蔵倉庫型レーザー誘導方式無人フォーク開発

ニチレイロジグループでは、冷凍倉庫での業務革新の一環として「無人フォークリフト(AGF)の運用」に取り組んでおり、同機種で50年の実績を持三菱ロジスネクストと共同で開発を進めている。

今回開発した AGFは、庫内レイアウトを固定化する磁気誘導方式ではなく、レーザー誘導方式を用いた同社独自の AGF「PLATTER Auto」を活用することにより、業務に応じてフォークリフト作業者のように柔軟な対応が可能となり、低温環境下での作業者の負担や、慢性的な人手不足による業務稼働の不安といった課題を解決した。

2020年3月からニチレイロジグループ傘下であるニチレイ・ロジスティクス関西の大阪埠頭物流センターで、冷凍倉庫内での活用を想定した「PLATTER Auto」2台による実証実験を行い、2021年3月より-10℃の環境下での稼働を開始している。

同社では今後、冷凍庫内という過酷な労働環境において、可能な限り作業者が介在しない運用を目指すべく、 -25℃クラスで使用可能なレーザーAGFの開発にも着手する。また、三菱重工ではグループの総合力を結集・駆使し、AI(人工知能)や機械学習を用いた自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)」の物流機器への搭載に継続して取り組んでいくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集